How-To 断薬

睡眠薬断薬の離脱症状が和らぐ4つの施策

      2016/11/01

睡眠薬断薬の離脱症状を緩和する方法は、次のうちどちらかです。

睡眠に役立つ栄養を摂取するか、自律神経の調子を整えるか。

生活習慣の改善はこれらを両方兼ね備えているため、離脱症状緩和のために有効な施策として最初に挙がります。

このページでは、「生活習慣の改善」に加え、その他に3つの施策をご紹介します。

施策1 生活習慣の見直し

ありがちですがやはり効果的です。

生活習慣の基本は日頃からの運動と栄養豊富な食事

この施策は「栄養を摂取する」「自律神経の調子を整える」両方の目的を兼ねています。

 

食事はしっかり三食摂り、栄養バランスが偏らないようにしていればそれだけでも充分効果があります。

健康的な食生活を送るだけで自律神経の調子を整えることに一役買っているからです。

バナナ

そこにプラスして「トリプトファン」が多く含まれる食品、そして「GABA」などリラックス効果がある栄養を多く含む食品を加えれば完璧です。

おすすめの食品としては、バナナ・牛乳・納豆・肉類・寝る前のホットミルクなどが挙げられます。

 

日頃から運動をすることで自律神経の乱れを整えることができます。

一言で運動と言ってもいろいろありますが、特に効果的なのは有酸素運動です。

ランニングや自転車といった肺を使う運動は血液の流れを促進し、自律神経に良い効果をもたらします。

またストレッチやヨガもおすすめです。

ヨガの呼吸法やストレッチは自律神経のバランスを整えることに多いに役立ちます。

 

施策2 漢方薬

漢方薬で自律神経を整える

漢方薬は離脱症状の緩和に有効です。

「気」を整えるという言葉の意味は理解し兼ねますが、血行改善の効果には驚かされます。

飲むと身体全体がポカポカしてきて、血の流れが良くなっていることが実感できるほどです。

漢方薬はヨガに通じるところがあり、血液の流れを良くして自律神経の乱れを整えることを得意にしています。

そして西洋医学の薬物とは違い、全て天然由来の成分なので依存性も無く、身体に優しいことが魅力です。

 

漢方薬は病院に行かなくても、ドラッグストアなどで市販ものを購入することができます。

病院で処方されるものと比べるとやや効き目が弱くなりますが、成分自体は変わらないので特に問題ないでしょう。

 

漢方薬には様々な種類がありますから、いくつか離脱症状の緩和に適したおすすめをご紹介します。

半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)は定番で、めまい・吐き気・うつ傾向などの改善に役立ちます。

加味逍遥散(カミショウヨウサン)は女性の自律神経改善に最適です。

他には精神を安定させる四逆散(シギャクサン)なども良いでしょう。

いくつか使ってみて自分に合ったものを探してみるのが一番です。

睡眠薬の離脱症状緩和に役立つ漢方薬おすすめ9選

 

施策3 睡眠サプリ

離脱症状緩和のために一番人気&おすすめなのがこの施策です。

漢方薬と同じように市販で購入することができ、通販でも購入することができます。

睡眠薬とは完全に別物で、依存性は全くありません。

入眠&快眠のための栄養がたくさん含まれている栄養食です。

 

自律神経のバランスを整える効能はありませんが、栄養面のサポートで身体を睡眠しやすいコンディションに近づけてくれます。

定期的に飲むことで生活のクオリティ低下を最低限に抑えることができ、仕事をしながら断薬をする人に人気があります。

北の大地の夢しずく

睡眠サプリには様々な種類がありますが、正直なところおすすめできる商品はほんの一部です。

睡眠サプリに限らず健康食品の販売元は怪しい業者である場合が多く、ほとんど効果がなく値段だけが高いような商品も多く流通しています。

粗悪品を掴まされないためには、その商品の評判だけでなく販売元の企業の評判も確認して購入するのがベストです。

 

数少ない効果が認められている商品を挙げておくと、北の大地の夢しずくグッドナイト27000などです。

ルナハーブやネムリスも人気サプリですが、販売元の信頼性を確保しきれません。

睡眠サプリについてさらに詳しく知りたい方は、こちらのページもご参考にどうぞ。

睡眠薬の断薬に役立つ睡眠サプリとは?選び方とおすすめ紹介

 

施策4 市販の睡眠改善薬

睡眠改善薬

この施策4は正直、書くべきか悩みました。

なぜなら睡眠改善薬はほとんど効果がなく、おまじない程度のサポートにしかならないからです。

しかし実際に「睡眠改善薬を飲むことで断薬をなんとか乗り切れた」という経験者もいたため、一応載せておくことにしました。

 

睡眠改善薬は睡眠薬とは全く違うもので、ドラッグストアなどで簡単に手に入ります。

「ドリエル」や「ウット」などの商品が有名です。

これらを飲むと最初の一日は効果があり、「おっ効いてる?」と思うのですが、大抵の場合二日三日経つともう効かなくなります。

ここまで超短期的な効果では断薬のサポートしては使えません。

そして三日分で1000円ほどするので出費も馬鹿になりません。

まとめ

施策1 生活習慣の見直し

施策2 漢方薬

施策3 睡眠サプリ

施策4 市販の睡眠改善薬

 - 離脱症状

記事一覧