How-To 断薬

睡眠薬断薬ブログ4選 成功談から失敗談まで

      2016/06/29

離脱症状 どれくらい

断薬にはどのような苦難が待ち構えていてどのくらいの期間を要するのか

これを知ることは断薬を成功させるために非常に大切です。

 

そこでこのページでは、断薬を乗り越えてきた先人達が体験談を綴ったブログをご紹介します。

離脱症状の苦しみから完全断薬に要した期間まで詳細に書かれていますので、読めば必ず参考になるはずです。

断薬に悩む方は是非紹介する4つのブログを隅々までご覧ください。

ブログ1 「ベンゾジアゼピン・メイラックスの断薬日記」

ベンゾジアゼピンの断薬日記

最初に紹介するのはベンゾジアゼピン系薬物「メイラックス」の断薬に挑戦している男性のブログです。

この男性はなんと服用していた薬を一気に断薬し、そこから挫折することなく5か月の断薬を耐え抜いています。

2013年の8月に更新が止まっていますが、それまでの経過を見るに無事断薬し終えたのだろうと思います。

 

高容量のメイラックスを一気に断薬しただけはあり、綴られている離脱症状の凄まじさは想像を絶します。

襲いかかる様々な症状について事細かに記載されており、なかでも

身体の中に数千匹のゴキブリが暴れ回っている感じだ。

この表現は衝撃的でした。

筆者の男性が凄まじい離脱症状を耐え抜くことができた要因としては、嫁という協力者の存在が大きかったようです。

断薬の辛さを理解し、献身的にサポートをしてくれていた様が書かれており、身内のサポートの重要性を感じさせられます。

 

身内が信用できる人だったのとは対照的に、筆者の男性は医者には恵まれなかったようです。

離脱症状がピークを迎える頃アドバイスを求めて病院へ向かうのですが、担当医に断薬のことを話すと相手にもされません。

結局大量の薬を処方され、家に持ち帰ります。

男性は何度も薬に手が伸びそうになりますが、その度に我慢して一日一日を闘い続けます。

体験してみないと分からない離脱症状の苦しみ、薬を飲んでしまいたいという葛藤。

断薬体験者のリアルを感じさせるブログです。

 

※この男性は一気に薬を断薬してしまっていますが、本来は少しずつ服用量を減らしていかなくてはなりません。

このブログの筆者もその方法をとっていれば、これほどの苦しみを味わうことはなかったでしょう。

断薬の正しいやり方については90%挫折しない睡眠薬の断薬方法をご覧ください。

 

ブログURL

http://blogs.yahoo.co.jp/kinaganiganbaru

関連記事

メイラックス断薬を成功させるための注意点

 

ブログ2 「はるのさんぽのブログ」

はるのさんぽのブログ

二つ目に紹介するのは20錠以上の大量服用をしていた女性が断薬するまでの経過を綴ったブログです。

この女性も一つ目のブログの男性と同じように、いっぺんに薬の服用をやめてしまっています。

その結果4か月以上全く眠れない状態が続いていたようですが、よく耐えきれたものです。

 

断薬方法については参考になりませんが、症状と体調の変化については大変参考になります。

トップページで断薬開始から完遂までの記録をまとめてくれていて、睡眠の質や気分の変化についておおよその概要を知ることができます。

断薬が苦しくてもいつかは眠れるようになるんだ!と感じられるようになることがこのブログをおすすめする理由です。

 

また筆者の女性は離脱症状を緩和するために様々な工夫を施しています。

断薬するための努力を惜しまない姿勢が無茶な挑戦を成功させる要因になったのでしょう。

特に食べ物とサプリメントにはかなり気を遣っていて、少しでも離脱症状を緩和させたい!という方には大変参考になるはずです。

 

ブログURL

http://ameblo.jp/haruno-sanpo/entry-11625654020.html

 

ブログ3 「働きながら断薬」

働きながら断薬

タイトルの通り、働きながら断薬するためのテクニックと体験談をまとめたブログです。

筆者の男性は一度断薬に失敗し、二度目の挑戦で成功しています。

ですから断薬の失敗談も多く書かれており、これから断薬に挑戦する方にはかなり参考になるはずです。

 

ブログらしい体験談も綴られていますが、一度失敗した経験から得た断薬のテクニックについてもかなり言及しています。

その内容はゆっくりと薬を減らしていくことの重要性に終始しており、経験者の言葉だけあってかなり説得力があります。

断薬の成功率を上げる、離脱症状をできるだけ抑える、働きながら断薬する、どれをとってもゆっくり減らしていくことの重要性は変わりません。

 

また経験者の視点から、向精神薬や精神医療についてコラム形式でまとめた記事も書かれています。

「依存症予備軍」の患者に警鐘を鳴らし切実に精神医療の実態を訴えるその記事からは、「絶対に断薬してやる!」という勇気をもらうことができるでしょう。

 

ブログURL

http://ameblo.jp/wahikodanyaku/theme2-10083207586.html

 

ブログ4 「治らんなあ…」

断薬 社会復帰

最後に紹介するのは三年の断薬を経て社会復帰を果たした方のブログです。

このブログはベンゾジアゼピン断薬についてだけではなく、うつ病との闘病の記録についても書かれています。

離脱症状の苦しさというよりは、断薬後の生活に焦点を当てている珍しいブログです。

断薬から社会復帰に至るまでの経緯がまとめられています。

 

断薬に成功したとしてもそこで終わりではなく、その先の生活についても考えなければなりません。

筆者はブログ中でこう述べています。

精神医療を肯定する気はさらさらないが、今の自分の状態を受け入れ、被害者意識を捨て去ることが必要なのかも

厳しい言葉ですが、断薬のその先を見て生きていくためには必要になってくることなのでしょう。

 

ブログURL

http://californiarocket.blog.fc2.com/blog-entry-28.html

 - サポート

記事一覧