How-To 断薬

睡眠薬の離脱症状緩和に漢方薬は役立つの?おすすめは?

      2017/01/17

「漢方薬は離脱症状に効くって聞いたことがあるけど本当?」

漢方薬を飲んだおかげで辛い睡眠薬の断薬を乗り切れた、という話はよく聞きます。

そんな話を信じてよいのかどうか悩んでいる方も多いでしょう。

この記事では漢方薬の効能や値段、選び方について紹介していきます。

漢方薬は離脱症状に効果があるの?

漢方薬と離脱症状

結論から言うと、効果はあります

離脱症状は脳の神経の昂り、過興奮が原因で起こるものです。

漢方薬を飲むと自律神経が改善され、脳の神経を鎮めることができます。

自律神経と言われてもイメージが湧かないかと思いますが、具体的には「血行改善」「基礎代謝の向上」などの効能があります。

飲むことで身体がポカポカし、睡眠状態に入りやすくなることが実感できるでしょう。

そして、もちろん漢方薬に依存性はありません

 

ただし、「漢方薬を飲めば睡眠薬を一気に減らしていい」というわけではありません。

確かに離脱症状を緩和することはできますが、あくまでサポート程度の効能です。

「徐々に薬を減らしていく」という減薬の基本を無視できるほどの効能はありません。

もし、漢方薬を飲んでいるからと言って、服用している睡眠薬を一気に減らしてしまったら、かなりの離脱症状に襲われてしまうでしょう。

睡眠薬減薬の基本に関しては、こちらのページをご覧ください。

90%挫折しない睡眠薬の断薬方法

 

おすすめの漢方薬は?

半夏厚朴湯漢方薬は種類が多いわりにそこまで薬ごとの差が無く、素人にはどれが良いのか判断し兼ねます。

と言ってもおすすめが無いというわけではなく、ここでは睡眠薬を断薬するためによく使われているものをご紹介します。

離脱症状緩和のためによく使われているのは、半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)などです。

離脱症状にもいろいろありますが、そのなかで出やすい症状の「入眠困難」「ヒステリー球」「抑うつ」などに、上の二つの漢方薬は良く効くと言われています。

 

二つおすすめを書きましたが、他にもたくさんの種類があります。

漢方薬は人によって相性があるので、上の二つにこだわらず、いろいろと試してみるのが良いかもしれません。

 

漢方薬はどこで買える?

内科や婦人科、もしくは漢方内科で処方してもらうのが一般的ですが、面倒であればドラッグストアやコンビニで買うこともできます。

市販薬と処方薬ではそこまで差はありません。

ただし、上でも述べた通り漢方薬は人によって合う合わないがあるので、医者に診てもらった方が「当たり」を手に入れやすいということはあります。

 

漢方薬の値段は?

ピンキリとは言わないまでも、薬によって値段に差があります。

市販薬では一か月分で3000円~6000円ほど。

処方薬だと一か月分で4000円~10000円くらいします。

錠剤だと安くすみますが、煎じ薬の方が効果が高いです。

 

漢方薬より睡眠サプリの方が効果が高い?

北の大地の夢しずく

睡眠サプリは漢方薬と似た効果をもちます。

つまり離脱症状を緩和し、睡眠薬を断薬するために役立ちます。

漢方薬も良いですが、睡眠サプリの方が離脱症状を緩和する効果は高く、かつ人気もあります。

断薬のコツについて長く調べている方は、成功した方のブログなどで睡眠サプリについて書いてあるのをよく見かけませんか?

 

でも、睡眠サプリってなんかうさんくさい…」と思う方も多いと思います。

確かに睡眠サプリを売っている企業にはうさんくさい業者が多いので、てきとうにGoogleで「睡眠サプリ おすすめ」などと検索して衝動買いするようなことはおすすめできません。

しかし、ほんの1,2個ではありますが、信用できて、かつ効果が高いサプリはあります。

ネムリスやルナハーブは人気サプリですが、販売元の信頼性が低く、購入をおすすめすることはできません。

北の大地の夢しずくグッドナイト27000というサプリが信用できる二つの睡眠サプリです。

断薬に役立つ睡眠サプリについてもっと詳しく知りたい方は、こちらのページもご覧ください。

睡眠薬の断薬に役立つ睡眠サプリとは?選び方とおすすめ紹介

 

 - 離脱症状

記事一覧